人気のノベルティを紹介

ノベルティ品を配る目的は認知度のアップです

展示会で新商品の発表を行う企業の中には、ノベルティ品を配ることを採用しているところが多いです。

ノベルティ品の効果は大きく、企業の名前を覚えてもらうことや、販売を促進させたい商品の宣伝効果があります。ノベルティ品は一般的に広く知られているものなので、受け取ることで商品に興味を持つケースもたくさんあります。どのような品物であっても同じ程度の効果が得られるものではなく、販売したい商品の種類や、展示会に訪れる顧客の年齢層や性別などによっても配るべき品物は変わってきます。従って、販売を促進したい企業にとっては、配布する粗品の種類を何にするか決めるのは最も重要な行為です。

凝り過ぎて実用性の無い品物や、カバンやポケットに入らないものは配布しても受け取ってもらえる確率は低くなります。どのような粗品を配るかを決める上で大切なポイントは、イベントに来場するお客の目線に立つことです。慎重に品物を決めて配布すれば、予想を超える高い効果を得ることが可能で、それほど予算が必要な販売戦略ではありません。消費者にとって身近に商品を感じられることが重要で、他社が販売している同じジャンルの商品との認知度の差を付けることが可能です。

展示会やイベントを行うことが決定してから、ノベルティ品の配布を決めることも多く、急遽用意する必要が出た場合でも制作に対応できる品物が適しています。一般の人にもすでに粗品は認知されているために、受け取ってもらえることや長く使用してもらうことも十分に可能です。街中で気軽に配布されているティッシュもその一種で、多くの人の日常生活の中に浸透している企業戦略と言えるでしょう。配布する数が多いほど企業や商品のことを知ってもらう機会になり、そのことがノベルティ品を採用する目的です。自然と受け取ってしまう物や、企業名などが目に付く品物が一番向いています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *