人気のノベルティを紹介

感謝の気持ちにノベルティをプラスしてみよう

ノベルティグッズを選ぶ時の考え方の基本になることは受け取る側の目線に立ち選定を行う点です。

これは販売促進効果を期待するターゲットでもある見込み客の場合だけでなく、インナー向けに配布する場合も同じことが言えます。邪魔になるものを始め、持ち帰るのが大変なもの、実用的でないものは避けることが基本です。ベストはあれば便利、以前から使ってみたかったなど、お役立ちアイテムを選定することがノベルティグッズ選びには必要です。

会社の業績をアップさせるためには、社内だけでなく関係企業の協力があるから、営業活動に力を入れるためには感謝の気持ちを伝えることが重要となります。そこでおすすめとなるのが、感謝の気持ちにノベルティグッズをプラスすることです。言葉で伝えるだけでなく、ノベルティグッズを提供することはより印象付けができる、アプローチに繋がって来ます。

ちなみに、印象付けを行うことはノベルティグッズを使った販売戦略法とも言える部分です。実用性があるものを貰えれば、それだけ利用頻度が多くなるため、印象が残りやすくなります。仮に、ボールペン1本でも、アイテムに名入れをしておけば使うたびにグッズを貰った時の担当者の顔が浮かぶ、企業のことを思い出す可能性も高くなります。その時は商談への成立やサービス利用もしくは商品購入に至らなくても、印象付けがしっかりとできていれば後から商談のチャンスが巡ることもありますし、サービス利用の問い合わせへのアクションにも繋がって来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *